感想読んだ本

夜のピクニックを読んだ

夜 団地

再読

昨日、今日で「夜のピクニック」を読んだ。
動画ばかり見てて、最近は本を全然読んでないなあと思って。
かなり以前に読んだことあって面白かった記憶あるから、再読してみようと思って、「夜のピクニック」を読んだ。
いざ読んでみると、内容をまったく覚えてないな。
読んでて、こんなだったっけ??ばかり。
やっぱり、1度読んだり見たりしている本、アニメ、映画って再読すると、新しい気づきがあって面白い。

内容は

内容は、高校生の秋の行事の「歩行祭」の話。
全校生徒が、約80Kmを夜間通して歩き続ける行事。
朝8時に学校スタートで、ひたすらコースの街中や田んぼ、畑、海沿いを歩き続け、次の日の朝9時に学校に戻ってゴール。
朝8時にクラス順に学校出発。
歩き続け、夕食は他の学校の校庭。
夕食後も歩きつづけ、深夜2時くらいに仮眠する別の学校に到着。
仮眠して、朝4時30分に出発で、今度はクラスごとでなく誰とでも自由に歩ける。
仮眠した学校から20Km歩いて、学校にゴール。
その「歩行祭」で、登場人物の男子生徒、女子生徒のいろいろな話の青春小説。

感想

面白かった記憶があったけど、今回再読したけど、そうでもなかったなw
つまるところ、高校生同士の誰が好き、誰と誰がつきあってるの恋バナみたい話と
同じクラスメートの異母兄弟の男子生徒と女子生徒がいて、いままでずっとお互い話すこともなく、嫌い同士と思ってたけど、周りの友達が、仲良くさせようとお節介する話。

私みたいに43歳にもなると、高校生の恋バナみたい話はしらける。基本リア充の話だしw
異母兄弟の男子生徒と女子生徒の話は、父親が浮気してできた子供同士は、同じ学校同じクラスになってしまい、気まずく、周囲には秘密にしてて、ほっといてほしいと思っている。
でも、異母兄弟でも兄弟だからってことだけでお互い仲良くさせようと友達が画策するのは、プライベートなことなのに、お節介過ぎると思ったw

でも、面白いセリフもあった。
「青春の揺らぎというか、煌めきとうか、若さの影、とでも言いましょうか」というセリフ。
まさに、「歩行祭」を通して、男子生徒と女子生徒のそんな話だったな。

時間があるなら読んでも良い本だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました